妊婦健診で欠かせない「エコー検査」についてよく知ろう

妊婦健診で行う「エコー検査」。「超音波検査」とも言いますが、妊婦健診で赤ちゃんの成長や健康状態を知るために必要な検査の一つです。ママが赤ちゃんの姿を直接目に出来る貴重な機会なので、楽しみにしているママも多いのではないでしょうか。しかし、検査中に先生が黙っていたり、赤ちゃんの動きが少なかったりすると赤ちゃんに異常があるのかな、と不安になってしまうこともありますよね。ですが、エコー検査について詳しく知ることで安心してエコー検査の時間を過ごすことが出来ます。そこで今回はエコー検査について詳しくお伝えしますね!

エコー検査ってどんなもの?

妊婦健診で行われるエコー検査では専用の医療機器を使ってお腹の中の赤ちゃんの状態や、子宮の状態を検査します。エコー検査と呼ばれるのは、専用の医療機器から出る超音波の反射(エコー)を利用して子宮や赤ちゃんの姿を映し出すためです。妊婦健診で行われるエコー検査には種類があり、妊娠週数やお腹の大きさに合わせて適切な検査を行います。

エコー検査で何を診ているの?

さて、肝心な検査内容も知っておきましょう。
エコー検査では妊娠が正常であるかどうか、赤ちゃんの成長や健康に異常がないか、子宮や羊水の量に問題がないか、また、赤ちゃんの成長具合から出産予定日を調べたり、赤ちゃんの性別も調べます。

エコー検査の種類を知ろう

エコー検査には種類があります。

経膣法・経膣エコー

妊娠初期は基本的に経膣エコーで子宮と赤ちゃんの状態を確認します。膣内にエコー機器を入れて検査をするのは、まだ子宮や胎児が小さい妊娠初期でもしっかり映し出すことが出来るからです。ただ、経膣エコーで確認できる範囲は経腹エコーに比べて狭いので、目安として妊娠12週~妊娠中期以降はより広範囲を観察出来る経腹エコーに切り替えて検査します。
また、経膣エコーでは子宮頚管(子宮の出口)の長さを測ることが出来るので妊娠中期以降に早産の可能性がないか、どの程度の長さがあるのかを確認する為に経膣エコーを行う場合もあります。

経膣エコーの後の出血、大丈夫?

経膣エコーの検査を終えた後少量の出血がある場合がありますが、機器によって子宮に小さな傷がついたためであり、すぐに止まるような出血であれば問題ありません。内診や経膣エコー後に出血することは少なくないので、腹痛もなく数日のうちに止まる少量の出血に関しては医師の腕やお腹の赤ちゃん、母体を心配することはありませんよ。

まだ経膣エコーのうちは生理用のナプキンやパンティライナーを持っていっておくのがオススメです。

経腹法・経腹エコー

妊娠12週~妊娠中期以降は赤ちゃんが成長して経膣エコーでは詳しい観察が難しくなってくるのでお腹にジェルを塗り、お腹の上に機器を当てていろいろな角度から観察します。出産まで経腹エコーを行いますが、子宮の状態や子宮頸管長を診るために経膣エコーを行う場合もあります。
例えば毎回経膣・経腹どちらのエコーも行う病院や、初期は経膣のみ、中期は経腹のみ、後期に入って経膣・経腹どちらも行う病院など、病院によってエコー検査にも違いがあるので、不安を抱えないためにも病院での方針や説明をきちんと聞いておきましょう。

経腹エコーでお腹を押されると気分が悪くなることも・・・。私は後期づわりもあった為かよく我慢しながらエコーを受けていました。辛い時や嘔吐の心配、お腹の張りが気になる時は一言伝えておいても良いかもしれません。

3Dエコー

通常のエコー検査で確認できる「縦×横」の白黒の平面写真で見るエコーは「2D」ですが、3Dエコーではさらに「奥行き」が加わり、赤ちゃんを立体の静止画像で確認できます。ただ3Dエコーでは赤ちゃんの臓器などの詳細は検査できないので、2Dエコーと併せて検査します。
赤ちゃんの顔立ちや仕草を2Dよりも詳しく見ることが出来ますから、ママにとっては赤ちゃんをより身近に感じられる検査になるのではないでしょうか。

4Dエコー

4Dエコーになると「縦・横・奥行き」に「時間」も加わります。つまり、リアルタイムの3Dエコーのことを4Dエコーと言います。赤ちゃんの仕草をリアルタイムで見ることが出来ますから、伸びやあくび、しゃっくりなどの仕草を見て楽しむことが可能です。4DエコーをDVDで残してくれる病院もありますから、興味があるなら調べてみて。

カラードップラー法

赤ちゃんの臓器を詳しく診察するための検査です。カラードップラー法での検査は経膣・経腹どちらのエコーでも可能で、心臓や脳など臓器別の血液量、速度などを測定します。へその緒が赤ちゃんに巻き付いていないかどうかもカラードップラー法で調べることが可能です。

エコー検査に使われる超音波は安全なもの?

「超音波」という言葉に心配になるママもいるかもしれませんね。しかしエコー検査の超音波は動物実験で安全が確認されていて、出産までの妊婦健診で受ける超音波では母体にも赤ちゃんにも悪影響はないと考えられます。エコー検査を受けない場合、赤ちゃんやママの健康状態を詳しく診ることが出来ませんし、万が一異常があった場合は処置が遅れてしまいます。赤ちゃんやママの健康を一番に思えば、エコー検査は受けるメリットの方が多い妊婦健診に欠かせないと言える検査なのです。

先生が黙っていて心配なんだけど・・・

エコー検査は赤ちゃんの成長や健康状態を見る大事な検査。ただ大きさや心臓の動きを診るだけでなく先天障害や異常がないかを確認するために注意しながら観察しています。ですから、先生が難しい顔をして黙っていることもよくあるので、あまり不安にならないようにしましょう。不安なことは診察の邪魔にならないよう、先生の説明が終わった後などに聞くと良いですよ。

エコー検査についてのまとめ

  • エコー検査は子宮や赤ちゃんの健康状態を診る検査
  • エコー検査では赤ちゃんの性別や出産予定日も調べる
  • 経膣エコーは妊娠初期や子宮頸管長を測る時に主に用いられる
  • 経腹エコーは妊娠中期は以降から出産まで用いられる
  • 3Dエコーでは赤ちゃんの表情がよくわかる
  • 4Dエコーは赤ちゃんの仕草までよくわかり、DVDに残せる場合もある
  • カラードップラー法では赤ちゃんの臓器について詳しく検査する
  • エコー検査の超音波は赤ちゃんや母体への悪影響はないと考えて良い
  • 先生が黙っていても余り気にしなくて大丈夫。不安な時はその日のうちに聞いておこう

妊婦健診で欠かせないエコー検査の種類や内容に関してお伝えしましたが、いかがでしたか。ママの楽しみのひとつであるエコー検査。本当はママや赤ちゃんにとって最も大事なことを色々診てもらっている時間なのです。内診や経膣エコーに抵抗がある妊婦さんも多いと思いますが、赤ちゃんやママの健康のためにも頑張って検査を受けて下さいね。

3児ママの実体験

大きくなった子どもが「私も赤ちゃんだったの?」と興味を持った時、病院で頂いた4DのDVDを見せてあげた時はとても真剣に見ていました。ママだけでなく、お腹の赤ちゃんにとっても宝物になりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

閲覧ありがとうございました。良ければシェアで応援して下さい!

フォローで最新記事をお届けします。

ブログランキング

ポチッと応援宜しくお願いします(*^^*)
にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)