妊婦も安心して飲める!妊娠中にルイボスティーが良い理由

妊娠したら食べ物はもちろん、飲み物にも気を遣いますよね。アルコールはもちろんカフェインだって摂りすぎはお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼします。カフェイン0のお茶も多く市販されていますが、妊娠するとつわりの関係もあって今まで飲めていたお水やお茶が飲めなくなることもしばしば。
そこで知ってほしいのがルイボスティーの存在。名前を知っている人も多いはず。美容や健康にも良いことでも注目されていますが、今回は妊婦さんのために役立つ、妊娠中にルイボスティーが良い理由をお伝えします。

ルイボスティーはノンカフェイン!

ルイボスティーは妊婦さんにぴったりのノンカフェインのお茶です。例えばカフェインが含まれているコーヒーや紅茶も1日に2、3杯程度であれば気にする必要はないのですが、過剰摂取は流産や早産の原因にもなり、胎児が低体重児や発達障害になる危険性も高まるので普段飲む飲み物はノンカフェインのものを選ぶのがベスト。また、カフェインには妊婦さんに欠かせない鉄分の吸収を妨げる性質があるので尚のこと普段の飲み物からのカフェインの摂取量は減らしておきたいところです。そこでノンカフェインであるルイボスティーの出番。ミネラルも豊富で、お腹の赤ちゃんにも妊婦さんにも優しいルイボスティーは妊娠初期から産後までいつでも安心して飲むことが出来る妊婦さんの強い味方なのです。

ノンカロリーだから体重にも影響が少ない

ルイボスティーはノンカロリーだから体重管理が必須の妊婦さんでも気にせず飲めます。安産を目指すためにはきちんとした体重管理が必要不可欠。つわりの時にこれだけは飲めるからといって飲んでいた甘い飲み物や炭酸のジュースをそのまま飲み続けるのは体重増加の原因になってしまいます。つわりが和らいできたら徐々に普段の飲み物もお腹の赤ちゃんとお母さんにとって優しいものに変えていきましょう。普段の飲み物で既にノンカフェインのお茶やお水を飲んでいる場合は紅茶やコーヒーの代わりにルイボスティーを飲むのがおすすめ。ノンカロリーだから罪悪感も体重への影響も心配せずに済みますし、いつもと違う味と香りは食生活が制限される妊娠生活中の楽しみになりますよ。

冷えとむくみ対策に

妊娠すると血の巡りが悪くなるので体が冷えたりむくみやすくなります。特に体の冷えはつわりの悪化やお腹の張り、酷くなれば早産の原因にもなりますから、常日頃から冷え対策はしておかなければいけません。冷え取りをすることで妊婦さんによくある悩みである腰痛や便秘の予防や解消も期待出来るので冷え取りグッズや冷え取り方法はひとつでも多く知っておくと役に立ちます。
ルイボスティーも有名な冷え取りアイテムのひとつ。血流やリンパの流れを良くすると冷えやむくみに効果があるのは多くの人が知っていることですね。ルイボスティーは血流やリンパの流れを促してくれる上、いつでも量を気にせず飲めるお茶なので日頃のお茶として継続して飲むことで慢性的な冷え性の対策も出来ます。出来れば温かいルイボスティーの方が妊婦さんにはおすすめですが、湯気や香りに敏感になっている場合は常温のルイボスティーでも大丈夫。無理せず少しずつでいいのでルイボスティーを飲んで冷えやむくみ対策をしましょう!

ルイボスティーには鉄分が多く含まれています

貧血は元々女性に多い症状ですが、妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養が詰まった血液を送ったり、つわりによる栄養不足や血液の成分が変わることが原因で貧血になりやすくなります。これらの理由が原因で起きる貧血は妊娠初期に多く見られるのですが、お腹の赤ちゃんは段々と大きくなりますから、その分多くの血液を送らなければいけないので後期になっても油断は出来ません。貧血はめまい、立ちくらみ、動悸や息切れが起きやすく、体が疲れやすくなったり、思わぬ事故の原因になります。特に、出産の時まで貧血が解消できないと出産の時に出血量が多くなり出産途中で気を失ったり輸血が必要になる場合も・・・。何事もなく出産を終えるためにも貧血対策は妊娠初期からしておきましょう。とはいえ、妊娠中はつわりや好みの変化により食べられる物が限られます。そこで鉄分が豊富に含まれているルイボスティーを普段の飲み物にすることで最も手軽に貧血対策が出来るのです。ルイボスティーは100gにおよそ10mgの鉄分が含まれていて、1日に2~3杯飲むだけで貧血対策になります。サプリメントよりも安心出来て、鉄分が豊富に含まれている食べ物を毎日頑張って食べるより楽ですから、妊娠がわかったらルイボスティーを飲んで早めに貧血を悪化させないように努めましょう。もちろん、普段の生活や食事でも鉄分を摂れるよう心がけることが大切なので、ルイボスティーに頼りすぎないように注意してくださいね。

妊婦の辛い便秘にもルイボスティーを

妊娠中の便秘は解消法に悩みますよね。冷えによる便秘だったり、貧血治療の為に服用する鉄剤の副反応で便秘になってしまったり・・・あまり酷い場合はお薬を出してもらう方が良いのですが、下剤を使うのは少し怖いと感じる妊婦さんが多いのではないでしょうか。ルイボスティーには腸内に水分を集めて便を柔らかくするマグネシウムや腸内環境を整えてくれる成分も含まれているので1日2杯~3杯を継続して飲むことで体に負担をかけることなく便秘対策が出来るのです。便秘が辛いからといって一気に大量のルイボスティーを飲むとお腹を下しかねないので、無理のない量を飲んで下さい。

妊娠中にルイボスティーが良い理由まとめ

  • ノンカフェインでママもお腹の赤ちゃんも安心
  • ノンカロリーだから体重を気にせず飲んでOK
  • 体の冷えとむくみ対策に!
  • 1日2~3杯飲むだけで鉄分を補うことが出来る
  • 便秘がつらい時にも役に立つ

ルイボスティーにはまだまだママに嬉しい効果と効能が詰まっているのですが、今回は妊娠中にルイボスティーが良い理由をピックアップしました。妊婦さんによくある不調の対策が出来るルイボスティー。ぜひ試してみて下さいね!

3児ママの実体験

つわり中に麦茶や水の味と匂いが無理でも違う飲み物だと飲める時があります。実際に麦茶や水がダメになってしまった私もルイボスティーやノンカフェインの紅茶の類にはお世話になりました。血圧や体重のことを考えると出来るだけ普段の飲み物はヘルシーなものが安心。糖分やルイボスティーは薬品やうがい液のような匂いが気になるという声もありますが、質の良いルイボスティーやブレンドされたルイボスティーなら気にならない場合が多いので吟味してみて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

閲覧ありがとうございました。良ければシェアで応援して下さい!

フォローで最新記事をお届けします。

ブログランキング

ポチッと応援宜しくお願いします(*^^*)
にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)