赤ちゃんにはNGのはちみつ、妊娠中は食べていいの?妊婦とはちみつの話。

はちみつは食べて美味しい、使って美味しい、栄養と魅力がいっぱい詰まった素敵な食材。ホットミルクにはちみつ、紅茶にはちみつ、ヨーグルトやシリアルにはちみつ、もちろんパンケーキにかけても美味しいし、はちみつを使えばかたいお肉も柔らかくなるので料理に使う調味料としても重宝します。栄養価も高く、美容効果もある。妊娠前からはちみつが好きな女性は多いのではないでしょうか。ただ、「はちみつは赤ちゃんにはあげてはいけない食べ物」として知られているため、お腹に赤ちゃんを抱えている妊婦さんは妊娠中にはちみつを摂取していいのか心配になりますね。今回は妊娠中のはちみつの摂取についてお伝えします。

赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由、ちゃんと知ってる?

はちみつには食中毒の原因になる菌のひとつである「ボツリヌス菌」の卵のようなものである「芽胞(がほう)」が含まれています。この芽胞は内臓が発達した大人が摂取しても問題のないものなのですが、まだ免疫力が低く、内蔵機能が弱い1歳未満の赤ちゃんの体内に入ると繁殖してしまい「乳児ボツリヌス症」を引き起こしてしまうのです。乳児ボツリヌス症は便秘に始まり、酷くなると神経麻痺、呼吸困難の症状が起き、最悪の場合死亡に至る恐ろしい病気なので、乳児ボツリヌス症を防ぐために内臓が発達する満1歳までははちみつを与えてはいけないのです。赤ちゃんにはちみつを与えていけない事とボツリヌス菌、乳児ボツリヌス症に関しては厚生労働省や消費者庁などでも注意喚起していますし、市販のはちみつのパッケージにも注意が書かれています。
厚生労働省のホームページには1歳以上の子どもにははちみつがリスクの高い食品ではないということ、消費者庁のホームページには満1歳を過ぎると内蔵も発達するためはちみつを避ける必要はないことが記載されています。

ボツリヌス菌は通常の加熱では殺菌できない

「悪い菌は加熱調理でなんとかなるんじゃないの?」と思っている方、気をつけて。ボツリヌス菌は100℃を超える熱で加熱しても殺菌できない強い菌です。ですから、はちみつそのものに限らず、はちみつ入りの食品に関しても注意が必要になります。ちなみにこのボツリヌス菌の芽胞ははちみつに限らず、黒糖やコーンシロップにも含まれていると言われています。ですから、黒糖やコーンシロップに関してもはちみつ同様注意が必要です。

妊娠中のはちみつの摂取で胎児への影響は?

加熱殺菌が出来ないボツリヌス菌。妊娠中の摂取で胎児に影響が出ないかが心配になりますが、安心して下さい。
妊娠中のはちみつの摂取で胎児にボツリヌス菌による悪影響が出ることはありません。

免疫力が低下している母体への感染は?

妊娠中は免疫力が低下しますから、ボツリヌス菌による食中毒も心配ですね。しかし大人の腸内ではボツリヌス菌は生存出来ないため、アレルギーもん心配することはい妊婦さんであればはちみつを摂取しても問題ありません。もし注意すべき重い病気や消化器官に損傷を抱えている場合は念のため医師に相談しましょう。
ちなみに、産後、赤ちゃんに母乳を与えているお母さんがはちみつを摂取するのも大丈夫です。母乳を通して赤ちゃんが乳児ボツリヌス症に感染したという前例はありません。ただ、赤ちゃんの口に入ることを防ぐためにも1歳になっていない赤ちゃんの手の届く場所には決してはちみつを置かない注意が必要です。

妊娠中のはちみつ、メリットは?

はちみつは栄養価が高いことで知られていますが、妊婦さんにとってどのように良いのかピンと来ないのではないでしょうか。

はちみつには高血圧予防になるカリウムや、骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血予防に欠かせない鉄分とビタミンB12が含まれています。高血圧や貧血は妊婦さんは特に注意したいので効果的な栄養素を含むはちみつは妊婦さんにもメリットの多い食品であることがわかります。
消化吸収が良いため、つわりで体力が落ちている時でも胃腸に大きな負担をかけることなくエネルギーに変えてくれますし、腸内環境を整えるグルコン酸も含まれているので妊婦さんに多い便秘の対策に使う事が出来ます。他にもはちみつは喉や口内炎によく効くことでも知られていますね。妊娠中は免疫力が下がるので口内炎が出来やすくなったり、つわりによる嘔吐により喉が痛くなったりしますが、はちみつの摂取で緩和が見込めますよ。つわりではちみつを直接食べるのが辛い時はミネラルウォーターやお白湯に溶かして飲んだり、うがいをするだけでも効果があるので試してみて下さいね。

妊娠中のはちみつの摂取に関して注意することはある?

ボツリヌス菌による胎児や母体への悪影響は心配することがないものの、はちみつも甘味料。栄養価が高く、妊婦さんにメリットがあると言えど、妊娠中は妊娠糖尿病や体重の増加量にも注意しなければいけませんから過剰摂取は禁物です。ここで飲み物や食べ物によく使われる上白糖やグラニュー糖と比較してみましょう。

上白糖・グラニュー糖・はちみつの100gの比較上白糖    ・・・384kcal
グラニュー糖 ・・・387kcal
はちみつ   ・・・294kcal
上白糖・グラニュー糖・はちみつの小さじ1杯分の比較上白糖    ・・・3g/12kcal
グラニュー糖 ・・・4g/15kcal
はちみつ   ・・・7g/21kcal

このように、はちみつは砂糖に比べてカロリーが低いため、例えば飲み物や食べ物に入れる砂糖をはちみつに切り替えるというような使い方はおすすめですが、過剰摂取はおすすめできません。つわりが過ぎたら糖分を控えつつ、食べられるもので出来るだけバランスの良い食事を心がけて。

妊娠中のはちみつの摂取についてのまとめ

  • 妊娠中にはちみつを食べても胎児に影響はない
  • 健康でアレルギーがなければ妊娠中にはちみつを食べても大丈夫
  • 高血圧予防や貧血対策、便秘対策に効果的な栄養素が含まれている
  • 妊娠糖尿病や太りすぎを防ぐため摂取量に注意する

栄養価が高いはちみつは妊婦さんも安心して摂取できる食品ということがわかりましたが、摂取量には注意が必要なのであくまで「砂糖の変わりや甘さを足すために少し使う」程度に留めておきましょう。適量を摂取すれば鉄分の補給や便秘対策のサポートが出来る食品ですから、ぜひ妊娠中もはちみつを活用して下さい。

3児ママの実体験

つわりの時のはちみつ水には毎回助けられています。少し混ぜるだけでつわり時に飲みにくいお水が随分と飲みやすくなります。特に吐きづわりだった私はよく喉を痛めていたので、喉の痛みの緩和に役立ちました。吐いてしまった後の喉のイガイガも和らげることが出来ます。吐いた後の水分摂取に普通のお水やお茶を飲むと余計気持ち悪くなることがあるのですが、はちみつ水なら甘みがあるためか比較的飲みやすいのです。水分摂取が辛い妊婦さん、はちみつ苦手でなければ一度試してみては。
鉄剤摂取による便秘に悩まされていた時もよくヨーグルトにはちみつを混ぜて食べていました。はちみつの優しい甘さと香りはホッとリラックスさせてくれます。はちみつにもたくさん種類があるのでお気に入りのはちみつを探してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

閲覧ありがとうございました。良ければシェアで応援して下さい!

フォローで最新記事をお届けします。

ブログランキング

ポチッと応援宜しくお願いします(*^^*)
にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)