母子手帳ってなぁに?母子手帳についての知識と貰い方

病院で妊娠と妊娠継続が確定したら、ママとして最初にしなければいけないことが「母子手帳を貰いに行く」こと。母子手帳が必要なのは妊娠中だけではありません。お腹の赤ちゃんが生まれてからの健康や予防接種でも必要になりますし、小学校に上がるまでの記録も残せるのです。お腹の中の赤ちゃんが大きくなって「自分はどんな子どもだったの?」と聞かれた時、役に立つアイテムでもあります。
ママと赤ちゃんの健康を記録するだけではなく、子どもの成長の軌跡やママの頑張りを残すツールでもある母子手帳。今回はそんな母子手帳についてお伝えします。

母子手帳ってどんなもの?

「母子手帳」と呼ばれるのが一般的ですが、本当の名称は「母子健康手帳」。その名の通り母子の健康を記録する手帳です。貰える母子手帳によってデザインに若干の違いがありますが、内容にほとんど変わりはありません。

母子手帳の内容は大体こんな感じ生まれる赤ちゃんの保護者の名前や居住地などの個人情報
妊婦健診での妊娠中の経過
(診察日・妊娠週数・子宮底長・腹囲・体重・血圧・浮腫・尿蛋白・尿糖・その他特記事項・受診施設名)
妊婦の感染症検査の記録・母親(両親)学級受講記録・妊娠中と産後の歯の状態の記録
出産前後の居住地や緊急連絡先
妊娠週数ごとの妊婦の体調のメモ欄・出産の記録・産後の母体の経過記録
退院時の赤ちゃんの記録・生後1週間以内の赤ちゃんの経過記録・生後1~4週の赤ちゃんの記録
月齢ごとの赤ちゃんの記録(保護者メモ)・乳児健診や予防接種の記録
出生届出済みの証明記載欄
その他妊娠・出産・子育てで知っておきたい知識・情報や制度について

母子手帳を貰う時に、妊婦健診の割引券である「妊婦健康診査受診券」も貰えるので病院で母子手帳を貰ってくるよう指示があったら早めに貰いに行っておきましょう。
母子手帳はママや赤ちゃんの健診の記録がメインと思われがちですが、母子手帳には妊娠中や子育ての注意点や子育てのポイント、子育て支援制度についての情報も書かれてあるので初めての妊娠の場合一通り目を通しておくことをおすすめします。

母子手帳を貰うタイミングは?

妊娠検査薬で陽性反応が出たからといって母子手帳は貰えないので妊娠検査薬で陽性反応が出たらまずは病院へ。病院できちんと妊娠しているかどうかを確認して貰った後、担当の先生の指示がなければ母子手帳は貰えません。母子手帳は心拍が確認出来たら貰える、妊娠何週目に貰える、という決まりがあるわけではないので、担当の先生の指示があるまで母子手帳を貰いに行くのは我慢。心拍が取れたのに母子手帳の交付についての案内がなかった時も不安にならないで。妊娠初期は流産の可能性もあるので、妊娠週数やお腹の赤ちゃんの状態によっては母子手帳の案内を先延ばしにする病院もあるそうです。不安な気持ちのまま次の受診までの日々を過ごすのは良くないので気になる時は担当の先生に理由を聞いてみて下さい。

母子手帳ってどこで貰うの?

母子手帳の交付場所は自治体によって違います。役所であったり、保健センターの場合もあるので自分の住まいの交付場所を確認してから赴いて下さい。病院で貰えるわけではないので、間違えないようにしましょう。

母子手帳を貰うのに必要なものはあるの?

母子手帳は「妊娠届出書」を自治体に提出することで貰うことが出来ますが、妊娠届出書を病院で記入して貰わなければいけない場合もあります。
妊娠届出書の他に印鑑や身分証が必要な場合もあるので母子手帳を貰いに行く前に自治体のホームページや電話で確認して下さい。

結婚していなくても母子手帳は貰えるの?

妊娠が判明した時にまだ籍を入れてなかった場合でも母子手帳は貰えるので安心して。保護者氏名欄や配偶者名への記入について気になる場合は母子手帳を交付して貰う際に相談すると良いでしょう。

母子手帳ケースを用意するのはちょっと待って!

母子手帳を綺麗に保存しておくのに便利な母子手帳ケース。お薬手帳や病院の診察券を複数収納出来るものがほとんどなので、管理が楽な上、妊婦健診や予防接種の受付の際に母子手帳ケースを取り出すだけで必要なものをサッと渡すことが出来ます。妊婦健診では検査結果やエコー写真、書類など折り曲げたくないものを貰うことも多いので、すぐに綺麗に保管出来る母子手帳ケースは重宝しますよ。
お洒落な母子手帳ケースもたくさんあるので、妊娠が確定したら早速母子手帳ケースを用意したくなりますがちょっと待って

貰える母子手帳のサイズは住んでいる地域によってバラバラなのです!

母子手帳のサイズは3つのサイズに分かれています。

Sサイズ・・・A6( 14.8×10.5cm )
Mサイズ・・・B6( 18.2×12.8cm )
Lサイズ・・・A5( 21×14.8cm )

同じ県に住んでいても市や町によって違う場合もあるので失敗しないためには母子手帳ケースを買うのは母子手帳のサイズを確認してからにしましょう。

母子手帳についての知識と貰い方まとめ

  • 母子手帳はデザインが違っても内容は同じ
  • 母子手帳を貰う時期は病院の先生に指示してもらう
  • 母子手帳は病院では貰えない。自治体に確認すること。
  • 母子手帳交付に必要なものも自治体で違うので要確認。
  • 未婚でも母子手帳は貰える
  • 母子手帳ケースを買う時はサイズに注意!

母子手帳はママと赤ちゃんのために欠かせない大事な記録帳。妊娠中のことや赤ちゃんが小さな時のことをどんなに大事に思っていても、細かなことは思い出しにくいものです。母子手帳を見返せばすぐに思い出せますし、もし2人目や3人目、となった時に以前の妊娠を振り返ることが出来ます。余裕のある時につわり中の対策や対処法などを記録しておくと役に立ちますよ。
妊娠中や育児の感動を記録することも出来る母子手帳はママにとっても赤ちゃんにとっても必ず素敵な宝物になります。つわりで辛い時期かもしれませんが、頑張って貰いに行きましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

閲覧ありがとうございました。良ければシェアで応援して下さい!

フォローで最新記事をお届けします。

ブログランキング

ポチッと応援宜しくお願いします(*^^*)
にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)