大阪和菓子屋さんの絶品おこわ。御菓子司 絹笠/とん蝶

閲覧ありがとうございます。もち米大好き、いっそ毎日もち米食べたいまぁごです。

さて、今回は和菓子屋さんの美味しいおこわを紹介します~。
和菓子屋さんのおこわ・・・パワーワードですかね。でも美味しいんですよ。本当に。
大阪の和菓子屋さん、絹笠というお店のおこわ。「とん蝶」と言う名で親しまれています。
というわけで、まずはどんなもんか見てみてね!

はい、とん蝶のおこわはこんな感じで三角形に包まれています。
開いてみましょ。

パカっとね。

お豆塩昆布、ぷちぷち楽しい食感をもたらしてくれる胡麻とそれから真ん中2つのカリカリ梅・・・これがとん蝶のおこわです。カリカリ梅は欠かせません。
今回買ったのは黒豆のとん蝶なのですが、ノーマルとん蝶は黒豆の部分が大豆で、他にも七味入りやとうもろこしとん蝶なんてレパートリーもあります。
残念ながら通販・お取り寄せは出来ないのですが、大阪なら難波高島屋や京阪百貨店、阿倍野地下センターや阪神百貨店など、幾つか足を運びやすい店舗もあるので、お出かけの時に気軽に購入することが出来ますよ。
ちなみに本社は鶴見区にあります。鶴見って意外と美味しいものの工場とは本社多い気がする。(金沢のチャンピオンカレーのレトルト商品の工場が鶴見だったときには衝撃を受けた・・・)

話を戻して、1つ350円~400円弱なので単価だけ見るとちょっと贅沢品かもしれませんが、本当に美味しいおこわなので一度食べてみて欲しい・・・。もち米ですし、意外とぎゅっと詰まっているので女性なら1つでも満足出来る量だと思います。お昼やおやつに。

今回購入した黒豆とん蝶はほんのり赤くなってお赤飯みたいな見た目。ノーマルとん蝶は白大豆なのでご飯も白いです。
割り箸付けてくれるんですけど、もち米のおかげで割り箸折れるんじゃないかって弾力刺さらない・・・。笑
ちょっと温めたら柔らかくなりますし塩昆布やお豆の香りも良くなりますが、冷たくてもしっかりとした味で美味しいです。お好みでどうぞ。(レンジで温める時は耐熱皿に移してから温めてくださいね。

黒豆なのでノーマルよりも少し香ばしい香りがする。私は黒豆とん蝶の方が好きですが、あっさり味が好きならノーマルとん蝶の方が好きかも。カリカリ梅は種に気をつけてね。さくっと食べたい人には煩わしいかもしれませんが、カリカリ梅だから美味しいんです。
塩昆布が程よい塩気と旨味をもたらしてくれるんですが、細めの昆布(身近な塩昆布で言うとフジッコじゃなくてくらこんの食感って感じ。)なので食べやすい。市販の塩昆布おにぎりだと昆布多いわ!!一気に出てくんな!ってなるときありません?笑

このおこわの注意するべき点は日持ちしないこと。保存料不使用でもち米なので、当日中(冬場で22時)に美味しくいただかなくてはいけません。たくさん買いすぎると食べきれないので、たくさん買い込みがちな私もいつも1つ2つに留めております。冷蔵すればいいんじゃない?と思うかもしれませんが、もち米かたくなっちゃうのでね。常温で早めに食べるのが一番ですよ。

御菓子司 絹笠
HP: http://www.honke-kinugasa.jp/

お近くの店舗はHPで探してみて下さいな!
主要駅に近い店舗はこちら。

ミナミ店(なんばウォーク内)
阿倍野店(アベノ地下センター)
阪神店(梅田阪神百貨店B1)
高島屋店(難波高島屋店B1)
京阪百貨店(京橋店・守口店・枚方店・くずは店)

おこわのむっちりとした食感は炊き込みご飯とは違った美味しさを感じさせてくれます。
大阪の美味しいおこわ、立ち寄る機会があれば試してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

閲覧ありがとうございました。良ければシェアで応援して下さい!

フォローで最新記事をお届けします。

ブログランキング

ポチッと応援宜しくお願いします(*^^*)
にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)